JACK Library
ameba JACK


「些細なことだと言うことはわかっているはずなのに、どうしても会社の人間関係に悩んでしまう。」

「嫉妬心なんかに振り回されたくないのに、どうしても嫉妬心が湧いてきてしまう。」

「感情に振り回されることなく、心穏やかな状態で日常を送りたい。」



そんなことを思っている方であれば、一つの参考になるかもしれませんので、シェアしておきます。

僕は、こういったことで悩んでいる人に対して、直接的な答え方をしません。

直接的な答え方をしようと思えばできるのですが、それだと、悩んでいる人の苦しみの抜け方が中途半端になってしまうことをよく知っているからです。


そういう人に対して僕はどんな答え方をしているかを今から書き記します。


それは、太陽と影の話です。

あなたは、とても広い大地に立っています。
周りには、高いビルも何もないだだっ広い大地です。
あなたは、太陽を正面に見据えています。
太陽を正面に見据えているので、あなたの後ろ側に影ができます。
あなたはその影の存在を見つけました。
だだっ広い大地に黒い影ができてとても目立ちます。
その影を手に入れようと思って、一生懸命影を追いかけると、影はどんどん逃げていきます。
それだけでなく、太陽も遠ざかります。

でも、影を手に入れることをやめて、明るい太陽に目を向け、太陽を追いかけると、太陽も近づき、しかも、あれだけ逃げ続けた影も一緒についてきます。

太陽は、自分のやりたいこと・大好きなこと・なすべきこと・自分の人生をかけてなしとげるもの。
影は、先述の些細なことだと分かっていても、どうしても囚われてしまう悩みをたとえています。

あなたがこれらの悩みの解決にどれだけ目を向けても、悩みを解決できるどころか、かえってドツボにはまってしまいます。

逆に、自分のやりたいことに目が向いてしまえば、いままで抱えていた悩みなど取るに足らないことだったと体で知らされます。


僕の例を出すと、かつてある女性を好きになって、その女性とデートをすることが決まりました。

とてもうれしかったので、デートをする前から心ウキウキだったわけです。

そんな折、土曜日の夜に放送されていた「恋のから騒ぎ」という番組があるのですが、僕はこの番組が嫌いであるにも関わらず、チャンネルをたまたま変えていたときに目にとまり、そのまま見ることとなりました。

普段なら、「なんでこんなつまらない番組を公共の電波を使って流してるんだ!」と思っていた僕が、そのときは、「うんうん。そういう考え方もあるよね。」とか何とかいって、とても好意的に見ていたのです。

当然ですが、番組の内容はそれまで放送されていたものとそのとき見たものと大差はありません。

何が違うかといえば、それは、僕自身の心持ちです。

楽しいデートの前だったので、心がウキウキになっていて、あれだけ嫌いだった番組も広い心で受け止めていたのです。

もし、僕が「恋のから騒ぎ」を好きになるために、人に具体的なアドバイスをもらったとしても、ほとんど何も変わらなかったでしょう。

「こういう考え方をする女性たちもいるんだから、広い心を持ったほうがいいと思うよ。」
「参加メンバーの中で好きな人を見つければいいのよ。」
「明石家さんまのトークは、絶品なんだから、ずっと見てたら面白くなるわよ。」

とか、こういったアドバイスをもらったとしても、僕がこの番組を好きになることはまずないでしょう。

所詮、その場しのぎのアドバイスに過ぎません。

でも、楽しいデートの前であれば、そんなアドバイスに従うまでもなく、勝手に、心がウキウキしているので、番組を好意的に受け取ることができてしまいました。




これと同じことが、あなたの悩みや感情に振り回されていることに対しても、起こると言うことです。

つまり、自分のやりたいことを明確にして、それに向かって生きるようになると、先ほどまでの悩みはどこへやら。

気にならなくなってしまうということです。



このことを概念として理解したけど、それでも、どうしても、些細なことに囚われてしまう、感情に振り回されてしまうと感じる方には、これを試してみてください。

あなたは、とても大好きな男性がいます。でも、その人にはすでに付き合っている人がいます。
その男性が付き合っている女性と一緒にいることを考えると気が気じゃありません。

「私は、あの人のことが好きだから、あの人が幸せになればそれでいいのよ。」なんて、考えてみても、すぐに妬み心で理性を失ってしまいそうになります。

そのときに、あなたに悩みを打ち明けてくれて、あなたの助けを必要としている人が現れました。

しかも、あなたが関わることでその人が前向きに生きられる、役に立つことができる、貢献することができる、ということがわかる内容の相談でした。

そうすると、その相談者に対して考えが向けられることで、心がスーッと楽になります。

先ほどの男性のことはどこへやら。

全く気にならなくなっています。

これが自分のことや感情のことばかりを考えている「ジコチューマインド」から、相手の悩みや苦しみを解決してあげたい、解決してあげられる、という「貢献マインド」にスイッチする素晴らしさなのです。



このことからも明らかなように、人のせいで自分の心が痛むのではなく、自分自身のマインドが悩みや心の痛みを生み出しているということがよく分かると思うのです。

逆に言えば、自分の心の持ち方を変えるだけで、今抱えている悩みに振り回されなくなるということもよく分かると思うのです。

この事実に目を向けていただいて、自分らしいやりがいや幸せに邁進する方が一人でも増えることを願っております。

その結果、先ほどのたくさんあった悩みが気にならなくなっていれば、さらに嬉しい限りです。


≪職業・メンター≫JACK

コメントは、受け付けていません.